一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - |

4月14日なんですね。
次回の9月に行けたらいいなぁ。

| サーキット | comments(0) | - |



カスノさんで募集していました。
5月5日、GWの真っ最中ですか。いいですね。車中泊もそろそろしたいなと思っています。



参加される方、楽しんできてください。

| サーキット | comments(6) | - |

  ------------------------------
        第2回   2007年 5月12日(土)
        第3回   2007年 7月28日(土)
        第4回   2007年 8月19日(日)
        第5回   2007年 9月22日(土)
        第6回   2007年11月17日(土)
        第7回   2008年 1月 3日(木)
  ------------------------------

キワミさんがんばったなー。
全部休みの日だ。
とりあえず、カミさんには5月に行ってもらおうかな。
ETC使えるし。

| サーキット | comments(0) | - |

◆ご感想メール◆

これ見る限りではいずれも好評だったようです。検索しても2・3の改善点を挙げる人も多いですが次回の開催を希望されている人が大多数でした。私もいくつかの点でお手伝いさせてもらっていましたが実に気持ちの良いイベントでした。なんせ丸一日パイロンを走れるなんてなかなか無いですからね。あってもジムカーナ系のハードな走行会だったりしますし。できれば次回は「8の字」を独立したセクションにしてもらいたいなぁ。

暖かくなったらカミさんと自走で行きたいです。
続きを読む >>

| サーキット | comments(0) | - |

『ライダーズ・パラダイス』

ということで正月早々オートバイで遊ぼうという趣旨で100人余りが集まりました第一回目。本来ならもう少し時間をかけて準備したかったらしいんですが主催のイキオイで開催の運びとなりました。

セクションは三つ。

サーキットフルコースを使う『ロード』。
Dコース側パドックを使う『ウイリー』
Gコース側パドックを使う『パイロン』

ロードは時間ごとに枠を区切って速度が出る『スポーツ』とツーリングペースの『エンジョイ』に分けて運用となりメインストレート以外では追い越し禁止。これは趣旨を考えれば妥当なんですがもっと煮詰めると楽しみも増すと思いますので私も意見を出させてもらいたいと思います。

『ロード』も『ウイリー』も『パイロン』もプロがデモンストレーションをしてくれて楽しめました。メイン講師の西畑氏自身もエクストリームチームのリーダーでありますのでそちらの模範演技もすごかったです。


イベント主催のキワミジャパン代表の季和美のり子さん。お世話になりました。


スクールメイン講師でエクストリームチーム"KUKAI"リーダーの西畑氏。精力的に動いておられました。


パイロン走行のエキスパート・・でしたっけ?すいません、写真撮りながらなんで名前失念しました。


ロード部門担当の現役STレーサーの方々。名前失念。すいません。


デモ走行。メリハリがあるんだけどすごいスムースでした。今回のパイロンは細かいターンが多いんですが間隔が短めで結構苦労しました。


デモ走行。まさにサオダチ。なんかこれが当たり前の状況に思えてくるから不思議。ロードタイプのオートバイで挑戦する参加者も多かったです。


デモ演技。完全に手の中ですねぇ。

サーキット走行でも先ほどのST選手のデモ走行があったんですがメシ食ってて撮り損ねました。あとは一般参加者と身内の写真ばっかなんで割愛。スポーツクラスはそれなりに走りなれた方々が多かったですが、エンジョイクラスはすごかったなー。レプリカやネイキッドはもちろん多かったですがGAG50からカゴがついたスクータ、はたまたアメリカンタイプの直線ばかっ速までいてヘアピン付近は完全にツーリング状態でした。まぁ趣旨からしてサーキットの体感ですから。

朝の8時から夕方5時過ぎまで、楽しめました。個人的にはいろいろありましたがそれでもきてよかったと思います。私としては上記3セクション以外にも『8の字』部門がほしいですね。二つある8の字エリアは常に誰かが使っている状態でしたから。以前にパイロンで知り合った人と再会してTWINさんの友達といっしょに8の字練習していましたがものすごい上達の度合いで驚きました。最終的にはCB750でステップ擦りだしたくらいで。TWINさんコーチ押し付けて申し訳ない(^^;

| サーキット | comments(2) | - |
<< 2/8 >>


RIDE plus

 




Graphic by tudu*uzu
Designed by evidence