一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - |

ようやっと試乗してきました。

まず、前提としてカスノの試乗車は街乗りしやすくリセッティングされています。
当たりまえでしょうけどこれ大事です。デフォルトのセッティングはサスペンションが前後ともかなり硬いと店長さんはおっしゃっていました。また、できる限りのローダウンもなされています。

ということは雑誌や他のショップの試乗車である普通のDaytona675とはだいぶ印象が違うというのを頭に入れておく必要がありますね。つまりこれは「トライアンフ京都のDaytona675のインプレ」ということで。
JUGEMテーマ:車/バイク




写真はTRIUMPH KYOTOから拝借しました。
ショップツーリングの時のショットらしいです。

仕様的にはサスペンションは前後ともやわらかめにしてありますし、フロントは突き出し、リアはリンクを新たに作って車高を下げてあります。ダンパーも前後弱めということで。おかげでかなりサスペンションストロークがあります。他の試乗車にもいえることですけど。

跨った感じはやや腰高だなという程度で意外となじみます。ステアリングヘッドはかなり近めでフロントタイヤの接地点もわかりやすかったです。反面、アッパーカウルが前方に突き出ているのでスクリーンなど目に入りやすい部分が多かったです。

ステアリングのポジションは特に印象はないですが否定的な要素はなかったです。
ステップはAELLA製がつけられていてかなり前寄りでした。これは社長の好みだそうです(笑)。店長さんからも私にはノーマルシートと少し後ろに下げたステップの方がいいでしょうね、ということで。あとはブレーキレバーがかなり幅広で遠かったなというのが私にとっての不満点でした。レバーは最も近くにしても握りにくかったです。

乗車姿勢は当然SSですので前傾です。このての車両に楽を求めてはいかんでしょうし(笑)それでも楽に乗れるように手を加えるのがカスノかな。だから生き残っているんでしょうね。

エンジンは確かに3気筒でした。雑誌で「2気筒でも4気筒でもない」とよく書かれているのがよくわかりました。確かにそうなんですが、どこがどういうふうにという記述を読んだ記憶が無いのが残念だったんですが実態がわかりました。

これも結論から言うと割と好みです。もともと4気筒のシルキーでシームレスな吹けあがりよりも、2気筒のパルス感があるエンジンフィーリングのほうが好みというのもありますので、
この3気筒エンジンは適度なパルス感(雑味といってもいいかな)を持ちつつ2気筒よりもトルクがあり使いやすかったです。というよりつながりがいいのかな。感覚的には適度なエンジ
ンノイズがあるのでエンジンの状態がわかりやすかったというのもあります。

回してみると圧倒的なパワー感はあまりなく、あくまでも扱いやすいという印象でした。1万回転くらいは日常の領域ですね。それでも加速感やトルク感もわかりやすいと思うのでこのクラスが初めてという人にも私はいいかなと思います。しかしこの

「ぎゅるるるるるるる」

という音はなんでしょう?(笑)吸気音でもなさそうだし。

ブレーキの効きはサーキットでは少し弱くなるかもしれませんが峠レベルでは問題ないと思います。タッチも良好でした。

サスペンションについては前述の通り、カスノ車なのでストロークがありやわらかめです。でも、ただふわふわしているだけでなく十分に踏ん張りもきいているのでこれは好みでセッティングしていけばいいだけの話ですし、その余裕もあると思います。私は標準仕様のに試乗したいですね。

走ってみての操作性も悪くありません。機敏すぎない程度の軽快感が全てを支配しているようでこの手の車両がはじめての人でもかなり思うように走れると思います。ただし、それだけのスキルがあればの話ですが。とりわけ直立時からのリーンへの移行と、旋回時の安定性は唐突間が無く安心できます。逆を言うともっと主張が強いほうが好みなひとだと完全に物足りないでしょうね。この点でも標準の試乗車に乗ってみたくなります。


最後に気がついたんですが、全体の印象として何かノスタルジックなものがありました。そういうと聞こえはいいですが要は

 「洗練されていない、古臭い」

というニュアンスで(笑)。でも、これも悪い意味ではないです。あらゆる点でやさしい雰囲気というのは乗り手に身構える事をさせずに自然に付き合えるという印象でした。だから最新の洗練されたミドルクラスをサーキットツールとして使いたいなら国産でしょうね。


といったところです。

| TRIUMPH | comments(0) | - |


| - | - | - |










RIDE plus

 




Graphic by tudu*uzu
Designed by evidence